四天王寺小学校


特色

信を、意欲へ。 意欲を、意志へ。

こころの育ちは、意志力の育ちとなって現れる、わたしたちはこう考えます。
そのためには、低学年より一人一人の子どもをよく見取り、その個性をその子の人間性として丁寧に育んでいく日々が大切にされなければなりません。
その先に進路が見えてくるでしょう。
低・中・高学年の発達段階を十分になぞりながら、6年間寄り添うこと — わたしたちの合言葉です。


※画像をクリックで拡大されます


瞑想をはじめ、いろいろな場面で
“背筋を伸ばす” “腰骨を立てる”指導を行います。
姿勢が整うと、心が定まる。
心が定まると、頭がはたらく。
本校では仏教精神の実践として、日常の節目で姿勢を整え、体幹を意識することに留意し、体育と食育につなげます。

ともいき活動(縦割り活動)

本校では、1年生〜6年生までの子どもたちで異学年交流を実施しています。遊びや、さまざまなアクティビティを通して異なる学年と交流することでお互いの立場を理解し、相手を思いやる気持ちを育てます。

宿泊学習

1年生から宿泊学習を行います。 学校施設や校外施設を利用した宿泊学習は、子どもたちの自立心を育みます。
寝食を共にして活動を行うことによって協調性を高め、目標に向かって友達と助け合うことの大切さを学びます。


学校で1泊。サイエンス、プール、友達と過ごす、あっという間の2日間。

白浜方面で1泊。南高梅漬け、アドベンチャーワールド、防災学習など、体験満載。

徳島・淡路島方面で1泊。渦潮や満天の星空など、自然の壮大さを実感。

福井方面で2泊。化石発掘、永平寺で座禅体験、仲間と一緒に貴重な体験。

滋賀方面で2泊。延暦寺で修行体験、琵琶湖でマリンスポーツと自然学習など、心身を鍛錬。

修学旅行として東京方面で2泊。日本科学未来館、浅草寺、東京ディズニーシーなどを満喫。

上記宿泊学習は、平成28年度に実施したものです。