四天王寺小学校


建学の精神 / 学園訓 / 教育目標

建学の精神


本校の建学の精神は、聖徳太子が西暦593年(推古元年)に四天王寺を創建した際に、世の人々の幸せづくりに貢献する『悲田院』『療病院』『施薬院』『敬田院』からなる『四箇院の制』という尊い事業を創設されました。
そのうちの一つである敬田院創立の精神が建学の精神となります。 合掌・礼拝や瞑想・写経、正しい教えを聞くことにより、人としての悪い行いを止め、善き行いに努めながらも、本来人間が生まれながらに宿している『仏性(ぶっしょう)』を大切に育み、培ってまいります。


学園訓


教育目標

建学の祖である聖徳太子様の仏教精神を礎に、「知育」「徳育」「体育」と、古来より私たち日本人が大切にしてきたものの継承に重点をおいた教育に取り組みます。