四天王寺小学校


サマースクール【5年生-電気と温暖化について】

5年生、今日のサマースクールの目玉は『電気と温暖化について』の学習でした。関西電力の方に来ていただきました。一時間目には、発電の仕組みや電気について教えていただきました。家の中で一番電気を使う家電を予想し、冷蔵庫が一番電気を使うという事実に驚いた児童もいたようです。手回し発電機を使い、発電してみた際には、安定して電球を光らせることがかなり大変なことであることにもきづきました。電気が家にやってくる過程についても学び、高圧電線、送電線などを触らせていただきました。電線は、台風などの影響を受けないように、頑丈に作られていることも学びました。二時間目には温暖化について学びました。二酸化酸素で包まれた地球模型と、空気で包まれた地球模型に光をあてて温度上昇を見る実験では、二酸化炭素で包まれたほうが温度が上昇し、二酸化炭素に熱を閉じ込める働きがあることを確認しました。また風力発電と、太陽光発電に関しても実験を通してどちらが効率的に電気をつくり出すことができるかについて、学びました。電気のこと、そして私たちの地球環境を守っていくことの大切さを学んだ大変貴重な2時間でした。

IMG_0265 IMG_0266 IMG_0268 IMG_0270 IMG_0273 IMG_0276