四天王寺小学校


読売テレビのアナウンサーがやってきました!(3年生)

今日は、読売テレビのアナウンサー、本野さんと中村さんに来ていただいた「言葉で伝える楽しさをあじわう」授業をしていただきました。

最初はテレビカメラやマイクがあり、緊張していた子どもたちですが、元気なアナウンサーのお2人と話しているうちにどんどん緊張も解けてきて、楽しく学ぶことが出来ました。

授業では、より分かりやすく伝えるためには「声の大きさ」「声の高さ」「話す速さ」の3つに気をつけることを教えていただきました。

そして、アナウンサーのお2人に「うわばきクック」の物語を朗読していただきました。

気持ちを込めて読む姿に子どもたちは思わず聞き入っていました。

次に教えていただいたことを活かして、子どもたちが発表しました。

上手なところをほめていただき、子どもたちも大満足の様子でした。

授業をしてもらって子どもたちは「お家で音読の宿題が出たときには、お母さんたちに上手に気持ちを込めて読みたい。」「最初は恥ずかしかったけれど、気持ちを込めて伝えようと思ったら、だんだん恥ずかしくなくなってきた。」「アナウンサーの仕事がわかってよかった。将来なってみたいなと思った。」と感想を伝え合いました。

今日の経験を、今後の発表の場面や、物語の朗読に活かしてくれることを願っています。