四天王寺小学校


5・6年生が応急手当講習会受講しました。放課後には教職員も。

5・6年生を対象に柏羽藤消防署組合の方を講師にお迎えし、応急手当講習会を実施しました。最初に救急隊と救急救命士のお仕事・応急手当についてビデオを見て学びました。

次に、胸骨圧迫の仕方・AEDの使い方を学び、実際に自分自身で胸骨圧迫を体験して、命の大切さについて深く知ることができました。

いざというときに、学んだことをいかせるようになってほしいと思います。

 

 

 

 

放課後には、教職員が胸骨圧迫と人工呼吸の仕方、AEDの使い方について講習を受講しました。

教職員全員、実際に訓練用の人形を用いて心配蘇生法を体験しました。

毎年行っていますが、いざというときに冷静に確実に心肺蘇生を行うには、何度も繰り返し研修することが大切です。

最後に、消防署の方が「事故はあってはならないことですが、万が一に備えることは事故の予防につながる。」とお話してくださいました。

次週には水泳学習が始まります。

万が一に備える”予防”をしっかりとして、迎えます。