四天王寺小学校


たいし子どもまつり

「たいし子どもまつり」について

本校が大切にしていること、それは聖徳太子の「利他と和」の精神です。

他者のために尽す心や仲間とのつながりを深める・・・そのために、1年に一度、本校の児童1年生から6年生まで、学年を越えた集団活動をより深める集大成の行事として「たいし子どもまつり」を毎年開催しており、今年度は11月30日(土)に実施いたします。

 

実施の準備段階から当日までの子ども達の活動の様子をブログ形式でアップしていますので、ぜひご覧ください。

→昨年度の様子を写真で紹介しています。こちらをクリック!

 


 

●【新着】第1回たてわり活動を行いました(2019/10/7)

10月7日(月)にたてわり活動が行われました。

各班に分かれて、当日にどのようなお店を出すのかみんなで意見を出しあって決めました。

みんなで協力し、「たいし子どもまつり」の成功に向けて準備をしていきます。ご期待ください。  

 

 

 

   

 

 

 


 

●全委員会を開きました(2019/10/2)

10月1日(火)の昼休みの時間に、全委員会が行われました。

2ヵ月後に行われる「たいし子どもまつり」をどのようにしたいか、どんなことが自分たちにできるかを児童会メンバーと各委員長で話し合いました。

参加者みんなが楽しむことができる「たいし子どもまつり」にしたいという思いにあふれています。

 

 

 

  

 

 

 

 


 

●たてわりリーダー会議をしました(2019/9/30)

いよいよ次週より、たてわり班でのたいし子どもまつりの準備が始まります。

9月30日(月)には、各たてわり班のリーダーが集まって、お店創りについての確認をしました。

今年度の創意工夫あふれる楽しいお店ができることを期待しています。

 

 


 

●「たいし子どもまつり」のキャラクターを募集します(2019/9/26)

児童会では、今年度の【たいし子どもまつり」でもキャラクターを募集することに決めました。

9月26日(木)の児童集会の際に、全校児童に呼びかけました。

今年度もたくさんのキャラクターが集まることを児童会一同楽しみにしています。

児童会の子どもたちは、おまつりに向けて積極的に考え、活動しています。

 

 


 

●「たいし子どもまつり」の準備が始まりました。(2019/9/12)

いよいよ「たいし子どもまつり」にむけて始動しました!

児童会では、去年の反省を生かしながら委員長を中心に話し合いを進めました。

おまつりのテーマやキャラクターの募集方法、招待状づくりについてなど充実した話し合いの時間になりました。

「どんな たいし子どもまつり を創りたいか?」というテーマでは、

たくさんの人に来ていただきたい。」「来た人が楽しみ、笑顔になるお祭りにしたい。」といった意見が出ました。

自分たちの学校行事を自分たちの手で創りあげよう、本校児童や来校してくれたお客さん みんなが楽しめるものにしようという意欲にあふれた話し合いとなりました。

 

   

 

 


 

【昨年度の様子】

 

●児童のお店

 

 

  

 

 

 

●後援会のお店

 

 

●四天王寺大学学生のお店

 

 

 

●百舌鳥・古市古墳群世界遺産登録推進室のお店

 

 

●ステージイベント

 

 

 

 

 

 

●飲食コーナー

  ​