四天王寺小学校


安全と健康

安心・安全と健康への配慮

警備員を24時間配置し、児童登校後は校門を施錠し、外部から校内には立ち入れないようにしています。また、校舎外周には、防犯センサーとカメラを設置し、外部からの侵入者の監視を行っています。

登校時は教職員と保護者の方とで最寄りの駅からの要所で安全を確保。3年生までは、教職員と集団で下校しています。

児童は登下校の校門通過時刻をメールで配信するICタグを携帯します。このシステムは臨時休校や学校行事の変更など、緊急連絡網としても活用しています。

毎朝の健康チェックをはじめ、保健指導を通して、安心・安全な学校生活をサポートします。

校務センター(職員室)・保健室・警備員室にAEDを設置し全教員が講習を受けて、緊急の事態に備えています。

災害時に備え、防災訓練(火災、地震、台風)を行っています。

  • 教室や校内には、非常ベルを設置し、教職員全員がPHSを携帯し、万一の時は警備員や教職員が駆けつけます。
  • 緊急地震速報の受信装置をはじめ各種警報を一元管理しています。
  • 停電時には、非常用電源の確保をしています。
  • 災害時に備え、全児童の3日分の保存食や水に加え、簡易トイレ等を備蓄しています。
  • 交通安全教室、防犯教室、薬物乱用防止教室を実施しています。