四天王寺小学校


安全と健康

  • 警備員を24時間配置し、児童登校後は校門を施錠し、外部から校地には立ち入れないようにしています。また、校舎外周には、防犯センサーとカメラを設置し、外部からの侵入者の監視を行っています。
  • 教室や校内には、非常ベルを設置し、教職員全員がPHSを携帯し、万一の時は警備員や教職員が駆け付けます。
  • 登校時は教職員が最寄りの駅からの要所で安全を確保。3年生までは、下校時に教職員と集団で下校しています。
  • 児童は登下校の校門通過時刻をメール配信するICタグを携帯します。このシステムは臨時休校や学校行事の変更など、緊急連絡網としても活用しています。
  • 校内各所にプラズマイオン発生器を設置し、インフルエンザ等のウイルスの軽減を図っています。
  • 災害時に備え、全児童の3日分の保存食や水に加え、簡易トイレ等を備蓄しています。
  • 校務センター・保健室・警備員室にAEDを設置し、緊急の事態に備えています。
  • 臨床心理士、学校心理士の資格を持つ専門のカウンセラーが子どもたちの生活や学習、様々な問題についてカウンセリングを行っています。
  • 緊急地震速報の受信装置をはじめ各種警報を一元管理しています。