四天王寺小学校


第85回NHK全国学校音楽コンクール大阪府コンクール

(2018/09/10)

8月9日に行われました「第85回NHK全国学校音楽コンクール大阪府コンクール」に本校課外活動クラブの「たいし合唱団」が出場しました。
今年の課題曲のテーマは「一歩」。課題曲『出発』は、明るい未来へ大きな一歩を踏み出すような力強い歌声で表現しました。
自由曲『ポトリオフォルパック』では、次々にうつりかわる情景を表情豊かに歌い上げました。


結果は見事「銀賞」受賞!


たいし合唱団団長の上田菜月さんと副団長の六本莉暖さんに練習やコンクール本番、今後のことについてインタビューしました。


20180907_0120180907_02


コンクールに向けての練習はどのような雰囲気でしたか?

  • 「先生がしかって教えるよりも、6年生が下級生に注意やうまくいく方法を伝えていったほうが、良いです。」といつも先生は言います。
  • パートごとに自主練習をするなど、積極的に練習をしていました。
  • パートごとで音が合わず、もめてしまうこともありましたが、練習を繰り返す内に、どんどん上達し、みんなの雰囲気も良くなっていきました。



コンクール本番の様子を教えてください。

  • 舞台でのリハーサルで先生が、「声量が小さい」と教えてくれました。声量を意識して楽屋でもう一度リハーサルをすると今までの練習の中で最高の歌声になったように感じました。
  • 楽屋でのリハーサルが自信となったのか、本番前の舞台そででは、不思議なくらいみんなリラックスしていて、緊張感はありませんでした。
  • 本番では、自分たちの力を全て出し切れました。今までで一番よかった歌声でした。
  • 本番が終わると歌いきった満足感で、とても気持ちがよかったです。



これからの目標や抱負はありますか?

  • 次は「MBSこども音楽コンクール」が秋にあります。音源選考会(テープ審査)を通過して、会場で歌いたいです。
  • NHKコンクールの時のように、自分たちが納得できて、気持ちよく歌い終われるようにがんばります。
  • 来年のNHKコンクールでは後輩たちに金賞を受賞してほしいです。



最後に、歌の良さについて語ってください。

  • 歌詞や歌声によって、人を感動させることができるすばらしいものです。
  • コンクールなどで歌う時間は、長くても3~5分程度です。その短い時間のために、とてもたくさん練習を積み重ねていきます。積み重ねた練習が歌声として表れることがすばらしいと思っています。
  • 大げさかもしれませんが、人生を学べるものです。歌詞が、自分の生き方に影響を与えてくれました。


20180907_07