四天王寺学園高等学校/四天王寺学園中学校

  • small
  • midium
  • large

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ

教育について / Education教育について-基本方針・教育課程

基本方針・教育課程


放課後学習

午後7時までの個別学習プログラムで、自ら学ぶ習慣を確立し、探究する力を身につけます。

最新の設備環境

大型天文観測施設をはじめとした充実の設備環境が、生徒の学習意欲を高めます。

アクティブラーニング

従来型の一斉授業ではなく、生徒一人ひとりの思考力・判断力・表現力を高める授業を展開します。

ICT教育

生徒が一人一台タブレットを持ち、電子黒板やタブレットを使って効率的な授業を行います。

宇宙教育

宇宙を通して好奇心・冒険心をかきたて、幅広い分野で探究心を深めます。

手厚く指導し、学習面・生活面をサポートします。

本校の特長は、教職員が一丸となって生徒の指導に取り組むこと。担任、副担任、各教科の担当教員が綿密に連携し、生徒一人ひとりの個性や学習の課題をしっかりと把握。休み時間や放課後においても、個々に耳を傾けて個別指導にあたるので、塾や予備校に頼ることなく効率良く学びが深められます。さらに正しい身だしなみや、授業を聞く姿勢作りといった基本的な生活習慣はもちろん、自分で1日のスケジュールを立てて行動し、見直す習慣を身につける「手帳教育」などを通して、生徒の自律心を育てています。


オンライン英会話教室

英語ネイティブの外国人とインターネットを通して会話し、グローバルなスキルを磨きます。(希望制)
また2年生の10月頃に英語圏の国に修学旅行を計画しています。日頃培った英語力を把握し、対話力を身につけられるよう指導します。




コースの紹介


探究コース

目標:最難関国公立・私立大学

通常のカリキュラムに加え、特別講習や放課後学習などを積み重ねて高い学力を養成するコースです。2年次から「考究コース(中高6ヵ年)」に編入。大学受験に最適の授業によって、国・数・英の3教科は、2年終了時点で、高等学校学習課程をほぼ終了し、3年は大学受験に対応した入試問題中心の授業を進めます。

学究コース

目標:難関国公立・私立大学

学究コースは、高校3年間で学力をしっかり身につけて、国公立大学や難関私立大学を目標とするコースです。丁寧な指導のもと、週37時間の授業や放課後学習、特別講習を積み重ねて学力を養成し、3年の夏休み中には、国・数・英の3教科の高等学校学習課程をほぼ終了し、大学受験に対応した実践力を養います。



※クリックで拡大されます。

長期休暇期間(夏・冬・春休み)に、主要5教科の特別講習を年間約30日実施します。この期間を利用し、様々な分野で活躍されている専門家を招き、キャリア教育や全人教育について講演会も開催します。自分自身の将来を考える場を設け、学校生活をより充実させていきます。

平日は週3回7時間授業、土曜は4時間の授業を行います。多くの授業時数を確保することで、授業を丁寧に展開し、学習内容の定着度合いを高めます。すべての生徒が、じっくりと精神的に余裕を持ちながら学習を進められる環境の中で、質・量ともに最高水準の授業を追求します。

英語・数学・国語・理科は、公立高等学校の約1.5倍の授業時数を確保しています。有名進学校で指導経験豊富な教員が、生徒一人ひとりをきめ細かく指導するので、塾や予備校に頼ることなく学内で効率良く学びを深めることができます。

カリキュラム表



※諸事情により変更することがあります。

思考力を伸ばす「アクティブラーニング」

教員が知識を伝達する従来の授業に対して、生徒が能動的に学習を進める授業をアクティブラーニングといいます。例えば、一つの課題に対して、生徒同士が意見を交わしあい、解答を見つけ出すような授業方法です。本校では、基礎学力を固めた上で導入し、生徒の思考力・判断力・表現力を伸ばします。社会で役立つ真の学力を身につけさせると共に、来るべき大学入試改革に備えます。


授業の特徴

国語・数学・英語については、高校2年終了時または高校3年夏休み中に高校3年分のカリキュラムが終了し、受験対策へとシフトしていきます。週37時間を確保した授業では、きめ細かい指導が実現します。

英 語

教科書を中心にしながらも様々な英文にふれるという“input”を通して、より高度な題材にも十分に対処できる能力を養います。また、ネイティブ教員も加わるActive Learningとしてのグループワークなどを取り入れ、listeningからspeaking, さらにはpresentationやdiscussionへとつながる段階的な言語活動を通して、“output”の能力を高めていくことを目的とした授業を展開します。


数 学

物事を論理的に組み立てて考える力、およびその考えをまとめて多方面へ発信する力を養うことのできるような授業展開をしていきます。そのためにまずは、各単元で必要な基本事項を徹底的に身につけることが必要です。基本事項が身につけば、その知識を応用して扱えるように、演習時間を確保し、それらを発表するような取り組みをしていきます。


国 語

現代文・古文・漢文のいずれの分野においても、基本事項を丁寧に学習した上で、各分野の応用問題に当たり、基本に忠実な形で論理的に考える力を育てます。さらには、問題の量も多くこなしていき、応用の幅を広げると同時に、解答スピードの向上をも図ります。3年次には、希望者に対して小論文対策を行います。


理 科

実験・実習を通して自然現象に対する興味と関心を育み、わかりやすい授業と丁寧なフォローで、確かな理解を定着させ、自分で問題点を見つけ考える力を養います。物理・化学・生物の各分野で、様々な大学入試に充分対応できる考察力や知識を、確実に身につける授業を展開します。


社 会

最優先事項として、知識の定着を徹底します。授業という形態を活かし、ペアワークやグループワーク、プレゼンテーションを取り入れることで、単なる暗記にとどまらず、表現できる力、資料を活用できる力、真の理解力を身につける授業を行っていきます。相手の意見を積極的に聞き、自分の意見をしっかり述べることのできる、社会に通じる力を養成します。



学びの特色

目標を実現させるためには、自ら計画的に行動する習慣と正しい学習方法を身につけることが重要です。本校では放課後学習を毎日実施し、自学自習スペース「Learning Plaza」で効率良く自習が進められる環境を整えています。


チューターや教員が手厚くサポート。

高校生活の先輩でもある現役大学生のチューターや、経験豊富な教員が個別指導を行います。学習面だけでなく生活面においても一人ひとりの不安や悩みに耳を傾け、学校生活全般を手厚くフォローしていきます。

放課後学習を通じて自己管理力を養う。

本校ではクラブ活動や生徒会への積極的な参加を推進しています。放課後学習と課外活動を両立させるための時間の管理法を習得することで、自分の学習ペースの把握や自立心の育成を促します。

ページトップへ

ページトップへ