四天王寺小学校


特色

※画像をクリックで拡大されます


前田 実来さん(令和元年度卒業)

小学校の思い出は「たいし合宿」で探究学習をしたことです。各班に分かれて、行きたい所を決めて、みんなで協力して巡りました。私たちは、飛鳥寺と橿原子ども科学館へ行きました。私は歴史に興味があったので、蘇我入鹿の首塚の近くの飛鳥寺に行けたことがうれしかったです。卒業論文も「聖徳太子と達磨大師」というテーマで調べたことをまとめました。また、私は3年生から「たいし合唱団」に所属しています。毎日の練習や夏休みの練習をがんばり、NHKコンクールで銀賞をとれたことが一番の思い出です。
小さい子と接するのが得意なので、将来は教育関係の仕事に就きたいです。小学校時代に低学年の子と集会で一緒にゲームをしたり、「たいし子どもまつり」で一緒にお店を作ったりとたくさん触れ合う機会がありました。その経験をいかして、子どもの気持ちが分かる優しい先生になりたいです。


中尾 有岐さん(平成29年度卒業)

小学校生活の一番の思い出は修学旅行です。1年生から宿泊学習がありましたが、学年が上がるにつれて自由時間が増え、みんなで話し合い、折り合いをつけながら自分たちで楽しく過ごすことができました。授業は、ただ覚えるだけとか問題を解くだけといった勉強ではなく、深く考える時間がたくさんありました。また、班で教え合う時間もあり、友達に教えることでより理解が深まりました。今は数学が得意です。中学校の問題は難しい時もあるけれど、じっくり考えてみると道筋が見えてきます。将来は人とは違うことをしてみたいです。今ある仕事をこなすだけでなく、新しいことを創りだして、みんなを幸せにしたいです。小学生には「先生や友達との時間を大切に」と伝えたいです。勉強や友達とのことで悩むこともあるかもしれませんが、1人で抱えずにまわりを信じて相談しましょう。悔いのない毎日を過ごしてください。